診療時間:AM9:00-12:30、PM15:00-19:30 休診日:水曜日
〒537-0014  大阪府大阪市東成区大今里西3-6-3
お問い合わせ tel:06-6224-7468

大阪市東成区 今里西の歯科 歯医者 松山歯科(地下鉄今里駅から徒歩2分)

入れ歯・ブリッジ

24時間WEB予約受付

料金表

クリニック・ドクターについての情報はこちら

白い歯・綺麗な口元へ

 
料金表
HOME»  入れ歯・ブリッジ

入れ歯・義歯について

入れ歯には、外れやすい、違和感がある、器具が目立つ等、世間一般にはマイナスのイメージが連想されがちです。
しかし最近では、歯茎とのフィット感にこだわった入れ歯や、クラスプ(バネ)が目立たない非金属の材料を用いた入れ歯、そもそもクラスプを使わないノンクラスプデンチャー、インプラントや残った歯根を利用して行う入れ歯等、実に多種多様なニーズに沿った入れ歯装置が利用されています。
また、しっかりとした検査・診断のもと、正確な技工技術を用いて、時間をかけて適合精度の高い入れ歯を製作すれば、外れにくく、モノが良く噛める快適な入れ歯を製作することが可能です。
すぐ外れてしまったり、噛んだときに痛みや違和感を生じる入れ歯は、そもそも適合精度が低いと言わざるを得ません。
入れ歯治療は外から見る以上に、型合わせの精度が求められる治療です。
そのため、最終的な入れ歯を製作するには本来時間のかかる治療法だとも言えます。

ブリッジについて

抜歯や事故により歯を完全になくした場合の治療としては、インプラント治療以外には隣の歯を作ってかぶせる「ブリッジ」や取り外しの「入れ歯」があります。
ブリッジは残っている自分の歯を橋桁(はしげた)として使うので、橋桁となる歯が丈夫であることが条件になります。
そして、その位置も大事な要素になります。
きちんとかぶせられた物は、ほとんど元の自分の歯のように使えます。

ブリッジのメリット

  • 自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める。
  • 入れ歯と比較すると、固定式なので違和感が少ない。
  • 歯を覆う部分が少ないため、ブリッジの縁が歯肉に対して悪影響を与える可能性が少ないといえます。
  • 治療期間が比較的短い。
  • 1、2本の欠損であれば保険を使うことができる。
  • 見た目の仕上がりもほぼ自分の歯と同様に仕上がります。

ブリッジのデメリット

  • 周囲の歯を削る量が多い。
  • たくさん削るために、神経部分を取らなければならない事がある。
  • 削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなる。
  • 両隣りの支える歯に負担がかかる。
  • 負担がかかりすぎると支える歯が割れて、その歯を抜かなければならない事もある。
PAGE TOP